大人にちょうどいい甘さを作るには…【最旬モテ顔レシピ①】

毎日使っているブラウンシャドウ、もうどのくらい使ってる? 明るい陽射しの季節がきたら、アイシャドウの色みも変えどきです!

この記事では、大人ピンクの目元に合わせたいチーク&リップと、メイク方法を紹介。簡単に雰囲気を変えられるテクニックは必見です。 

チークはシャープに、唇はマットがポイント

ピンク系のチークとリップを合わせると甘くなりそうですが、チークをシャープに入れてリップの質感をマットにすれば問題ナシ。辛口系の顔立ちの人は、甘さが出てバランスがとりやすい組み合わせです。

使用するのは・・・

グロウ&フォギー、異なる質感のチークで肌に自然な血色感をプラス。毛の長さを調整できる優秀ブラシもセット。

ブレンドブラッシュブロッサム 05 ¥4,500/ジルスチュアート ビューティ

マットリップでありながらエアリーな質感で、唇にのせると鮮やかに発色。

デアリングリィディスティンクトリップスティック 05 ¥3,900/スリー

チークは、頬骨の下に沿ってシャープに楕円形をイメージして入れる。ローズのマットリップで甘すぎないピンクメイクが完成。

ピンクの目元のとき、チークとリップは色みをリンクさせれば何でも合います。気分やファッションに合わせて選んでみて!

撮影/[モデル]青柳理都子、[静物]久々江満 
ヘア&メイク/高橋里帆(HappyStar)
スタイリング/池田めぐみ(KIND)  
モデル/甲斐まりか

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る