ツヤ感をちょい足しでフレッシュに!簡単アカ抜けメイク【おとなメイク実験室】

抜群のセンスと明るいキャラクターで、GINGERをはじめとする女性誌や美容誌はもちろん、モデルやタレントさんからも引っ張りだこな人気ヘア&メイクアップアーティスト木部明美さん。
今回のWEB連載「木部明美のおとなメイク実験室(キベラボ)」は、読者のお直しアカ抜けメイク。

雑誌のメイク企画などを参考に新しいメイクに挑戦してみるものの、時間がなかったり、なんとなく安心ということで、いつの間にか毎日同じ顔になってませんか? そんなマンネリになりがちな自分メイクも、使う色や質感を変えてみたり、ちょっと塗り方を変えるだけで、グンとアカ抜けて見えるのです。

今回は木部さんが、いつもメイクをポイントのみお直しして、メイク迷子な美GINGERをおしゃれ顔に変身させました!


ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)
撮影/勝吉祐介(PEACE MONKEY)
読者モデル/平木詩衣奈(美GINGER)

チークとリップにツヤ感を足して、フレッシュに!

韓国コスメ好きという平木さんのいつもメイクは、肌とリップに力を入れたオルチャン風時短メイク。オルチャンメイクの基本、色白のツヤ肌に目元と口元のポイントメイクはマットな質感で統一。もともと顔が濃いため、キラキラしたアイシャドウやリップはやり過ぎ感が出そうで苦手。冒険できないタイプで、30代になってからはずっとマットなメイクをしているそう。

木部「オルチャン風の色白ツヤ肌は今っぽくていいですね。でも、ポイントメイクがブラウン系かつマットだと地味に見えがちに。また、マットリップも可愛いんだけど、アラサーがやると唇の縦ジワが目立って老けて見えるかも。マットリップは他をきちんと作り込んでこそ映えるから、意外とキレイに見せるのが難しいんです。

まずはチークを練りタイプのクリームチークに変えて自然なツヤを足し、リップもツヤオレンジに。ツヤ肌にチークをのせる際は、生っぽい質感を生かすためチークもツヤ感のあるものがGOOD。ただ、パウダーチークのパールのツヤだと独特の光り方で塗った感が出るし、ヨレる可能性も高いので、 同じツヤでも練りタイプがベスト。

眉が黒いのも少し違和感があるので、眉マスカラでなじませましょう 」

●自分メイク

普段は、オルチャンメイクの基本、ツヤツヤの白肌に目元と口元はマットに仕上げつつ、眉とマスカラは塗らないという手抜きメイク。

「落ちたりヨレたりするのがイヤだから、普段はミニマムなアイテムで済ますことが多いかも。目元はブラウングラデでナチュラルに。黒だとキツく見えそうだから、ブラウンのアイラインで引き締めて終了。
もともと顔が派手だから、ケバく見えそうでマスカラは普段からあまり塗りません。チークも塗らなかったり、塗るとしてもほんのり色がつく程度。リップは、最近のお気に入りの韓国コスメ、rom&ndのティントリップをティッシュオフして使用。朝塗ると一日中落ちないから、忙しい日中も塗り直しの必要なく重宝しています」

〈普段使っているコスメ〉

1. CLIOのクッションファンデ「キル カバー」。カバー力と崩れ防止のラスティング力がバツグンのクッションファンデ。

2. NOVのUVローション。敏感肌なので日焼け止めは長年NOVを愛用。

3. ジョンセンムルの水クリーム。ファンデの前に塗ってツヤを仕込みます。

4. ワトゥサのコンシーラー「スーパーカヴァー・ファンデーションポッツ」。ニキビ跡を消すときに使用。白コンシーラーはハイライトに。

5. セザンヌのチーク「パールグロウチーク P1」。華やかなシーンなど、パールのツヤ感が欲しいときに使用。

6. NARSの2色チーク「ブラッシュデュオ 1179」。ナチュラルな仕上がり感が好き。

7. キャンメイクのブラウンライナー「クリーミータッチライナー 02」。ちょうどいいブラウン色のジェルペンシル。

8. レブロンの眉ペンシル「カラーステイ ブロウ クリエイター 640」。ペンシルで描いて反対側のブラシでぼかす。

9. ルナソルの4色パレット「マカロングロウ アイズ 03」。ナチュラルなグラデが作れるブラウンシャドウパレット。

10. rom&ndのティントリップ「ジューシー ラスティングティント 07」。 ナツメシロップという色名も可愛い最近のヘビロテリップ。

11. ロレアル パリのマットリップ「カラーリッシュ Wマット 312」。ブラウン系の赤。

12. メイベリンのオレンジラメリップ「シャインコンバルジョンC SRD80」。 トレンドの強いラメ感のリップ。気分を変えたいときに。

13. NARのマットリップ「リップスティック 2961MAT」。朱赤っぽい明るい赤がお気に入り。

How to Change!

チークの自然なツヤと血色感、ふっくらとしたツヤリップで、のっぺしりた白肌から生き生きとしたヘルシーな雰囲気に。  

眉を明るくしただけで、目元の印象もガラリ!

●PROCESS

〈CHEEK〉

ほんのり自然な血色感が出るナチュラルベージュをセレクト。頬骨の高い位置を中心にポンポンと指でのせたあと、スポンジで軽くなじませます。

〈LIP〉

グロスだとツヤ感が出過ぎるので、スティックリップでツヤタイプのものを選ぶのがベスト。唇の輪郭を取るようにして直塗りします。

〈EYEBROW〉

形はキレイなので、眉マスカラで色をチェンジするだけでOK。眉頭から眉尻まで毛並みを整えるように全体をとかして。

〈使用したコスメ〉

〈右から〉ヴィセリシェ リップ&チーククリーム N BE-5 ¥1,000(編集部調べ)/コーセー、コフレドール スキンシンクロルージュ OR-120 ¥2,700(編集部調べ)/カネボウ化粧品、セザンヌ アイブロウマスカラ ナチュラルブラウン ¥480/セザンヌ化粧品


平木
「色みはほぼ変えずに質感のみチェンジ。たったこれだけで、パッと顔色が明るく華やかな雰囲気になってびっくり! とくにチークは、今まで練りタイプは難しそうで使ったことがなかったので開眼です。早速、取り入れてみようと思います」


いかがでしたか? ポイントを変えるだけでグッとアカ抜けて見えるテク、ぜひ参考にして脱マンネリ顔を実現しましょう!

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る