体型キープ&美肌への近道! 朝型ライフのすすめ

「早起きは三文の徳」といいますが、美と健康に関してこそまさにそう! 少し早く起きて、朝をゆったり過ごすだけで、キレイが蓄えられていくのです。これほど楽で、コスパのいい美容法はないのでは?

いつまでも若々しい人は、みんな朝型

From Getty Image

40代、50代になっても年齢不詳の美しさ、若さを保っている人に話を聞くと、その多くが、早起き。起床してから仕事などで稼働するまでの時間をゆっくり有意義に過ごす、朝型ライフスタイルの人がほとんどです。起き抜けにパパッと支度して慌てて出掛けるではなく、1日の始まりを余裕をもってスタートさせる。そうすることで理想的な生活リズムを、自然に刻んでいけるようになるのではないでしょうか。当然のことですが、早起きすれば夜眠たくなるのも早くなり、美肌のゴールデンタイムといわれる23時〜午前2時ころはベッドのなかに……。朝型ライフには、良質な睡眠とそれによる美肌効果がセットでついてくるのです。

三食きちんと食べるから太らない

From Getty Image

毎日、朝食をとっているという人も、食べ方に注意が必要です。かき込むように数分で済ませているなら考えもの。ファストフードが体によくないのは、原材料だけが理由なのではなく、「fast=素早く」食事をするのも問題なのです。朝食に限らずですが、30分くらい時間をかけて、しっかり噛んで味わって食べることが大事。そう意識すると、メニューが野菜ジュースだけなんてことにもならないでしょう。そして何より、朝食を7時ころまでに済ませる朝型ライフは、昼、夜の食事時間も自ずと理想的に。昼は12時ころ、夜は18時ころにはお腹がすいて、遅い時間に食事をする悪習慣を断ち切ってくれるはず。「食事制限より三食きちんと食べることが、体型キープの秘訣」。これも、年齢不詳の美女たちの多くが口にすることです。

早起きはホルモンバランスも整える

From Getty Image

もうひとつ、朝型ライフの利点としておすすめしたいのが、太陽の光をたっぷり浴びること。なぜなら、“幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンは、明るい日射しの出ている日中に多く分泌されるからです。セロトニンは眠気を醒まし、やる気をみなぎらせてくれます。この分泌が不足すると、鬱状態になったり、逆に暴力的になったりと、メンタルに影響が……。そして、セロトニンの分泌は、“睡眠ホルモン”と呼ばれるメラトニンともリンクしていて、質の良い睡眠にもつながるのです。毎朝15〜20分で十分、室内でもいいので、意識的に太陽の光を浴びる朝型ライフを続ければ、心も体もヘルシーでいられるはず。早寝早起きの朝型ライフはいいことずくめ。早速、始めてみてはいかが?

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る