【シーン別】こんなときベースメイクはどうすれば?プロがズバリ回答!

お出かけの日や、肌色悩みのある日、なかなかお直しできない日はどんな肌コードがベストなのでしょうか? ファンデーションや下地の個性を熟知したプロが選ぶ、お悩み解決アイテムをご紹介します。

今回はアラサーの悩みを解決しながら、リアルメイクをドラマティックに仕上げるおしゃれセンスの持ち主、ヘア&メイクアップアーティスト林由香里さんに伺いました!

お出かけシーンには・・・

肌の湿度が上がるかのように、ツヤ感がプラス。ワンランク上のキレイ肌に見えるのでとてもお気に入り。スポンジで肌の奥に入れていくイメージでなじませると、もちっと感とツヤ感をミックスしたレディなニュアンス肌に仕上がります!

クリーミィファンデーション EX SPF21・PA++ 全7色 30g 各¥5,500/アールエムケー ディヴィジョン

顔色がイマイチな日には・・・

一品だけで肌のキメを整えてキレイに見せてくれるし、オレンジは自然な血色感をもたらすのでくすみがちな肌に◎。顔全体に薄くのばしたら、そのあとのファンデーションは、気になる部分のみに。そうすることで肌に抜け感が出ます。

モデリング カラーアップ ベース SPF25・PA++ OR200 30g¥4,500/エレガンス コスメティックス(9月16日発売)

キープ力重視の日には・・・

ピタッと密着してつけているのを忘れてしまいそう。しっかりと素肌になじむので、キレイが長時間持続。部分使いもいいけど、キープ力重視の日は、顔全体に均等に塗ること。このファンデーションの長所を実感できるはず。ぜひお試しを。

SHISEIDO シンクロスキンセルフリフレッシング ファンデーション SPF35・PA++++ 全12色 30ml 各¥6,000/資生堂

撮影/植一浩

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る