花粉症の救世主⁉ 韓国料理で欠かせないあの油に注目

世界の美女たちをより高みに導き、栄養コンサルタントとして活躍中のエリカ・アンギャルさん。体の内側から美しくなる食生活やライフスタイルを指南している彼女に、キレイを育むビューティ食材を取材します。  

オメガ3脂肪酸がたっぷりのエゴマ油。
花粉の季節は特に注目!

韓国料理で欠かせないエゴマ。その葉は、お茶などにも使われますが、種から搾ったエゴマ油はダイエットやアレルギーなど、健康に関する高い評価が次々と発表され、花粉症の人にもおすすめです。

ほかの植物油と比べて、エゴマ油にはALA(α-リノレン酸)というオメガ3脂肪酸が多く含まれています。ALAはそもそも体内で作り出せず、また体内で青魚などに含まれ、脳機能をサポートすることで有名なEPAやDHAに変換されます。さらに抗酸化が期待できるポリフェノール、アントシアニンなども含有。それ1品でサプリメントのような効果を持つ油なのです。

そしてエゴマ油はアマニ油のようなクセがないことも特徴的で、単品でももちろん、料理にも幅広く使えます。ただし光や酸素に弱いという短所が。開封後は冷蔵庫で保管しましょう。

エゴマ油入りペストソース&シンプルショートパスタ

グルテンフリーのショートパスタを用意。刻んだパセリとバジル、さらに砕いたクルミ、ニンニク、レモンの皮と汁にエゴマ油を加えて、塩、コショウで味を調えれば、ペストソースの出来上がり。

スイーツにもエゴマ油!生チーズ風ケーキ

デーツ、オーツ、くるみ、エゴマ油を混ぜて作ったクラスト生地をマフィンカップに。さらにカシューナッツ(または硬めの豆腐)のチーズ風クリームを上から流し入れて冷蔵庫で固める。

エリカ・アンギャル
ナビゲーター
エリカ・アンギャル
1969年オーストラリア・シドニー生まれ。2004年から8年間、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして食生活を指導。その後も、体の内側から美しくなるライフスタイルそして食生活を提唱。近著に『ラブダイエット スイーツなしで体と心を満たす美の教科書』(幻冬舎)。
このナビゲーターの記事を見る